プライバシーポリシー | 運営会社|お問い合わせ
© 2019 spotlight All rights reserved.

Spotlight  ブログ記事 2019/10/11

企業のユーチューブチャンネルが伸びないのはなぜ?

​大事なのは“共感力”。視聴者に寄り添った企画でファンを獲得していく。

企業のYoutubeチャンネルは視聴回数や登録者数が伸びづらい傾向にあります。同じチャンネルの中の動画でも、

有名芸能人を起用したCMが何十万回という再生数なのに対して,

自社商品をメインにした企画動画の再生回数は数百回、、、、ということが珍しくありません。

 

有名人を起用してより多くの人に宣伝をかけられるという企業としての強みはあるものの、その有名人のファンから自社の商品のファンになってもらうまでのアプローチがうまくかけられていないことが課題にあげられます。

 

Youtubeの強みといえば、未開拓の新しい層にリーチが取れるところです。その中でもとりわけ、スマホ世代の若い人たちにアプローチができるので、その人たちに自社商品のファンになってもらってもらう為のチャンネル作りは、長い目で考えたときにとても重要になってくると思います。

押さえておくべきポイント

・やらせになっていないか?

例えば、深夜のテレフォンショッピングなどに見られる明らかな広告系番組に不快感を抱く人が多いように、製品やサービスのいいところだけを語っても信用してもらえない可能性が高いです。

それよりも、初めてその製品やサービスを利用したときに抱く疑問や感想などの方が見ている側も感情移入ができるので、“共感”が生まれ、ファンになってもらえる可能性がぐっと高まります。

自社商品を売りたい欲が見え隠れするよりも、消費者がその商品を使うことによって得られるメリットがあるかに重点をおいた企画づくりが大切です。

・消費者との距離は?

YouTube チャンネルを宣伝する為のSNS(Twitterやインスタグラムなど)は、業務的な投稿になってはいないでしょうか?例えば、サービスや製品に対しての消費者からの疑問をコメントで返信したり、企画やサービスを考えた会社の人たちの熱い気持ちなどを、インスタライブで生配信して語ったり、、、、実際に購入を検討している層にたいしてSNSで接触をはかりファンサービスを行うことで、コアファンを獲得していきましょう。

 

・どこをターゲットにしているサービスや商品なのか?

化粧品の新商品を売りたい企業があったとして、「有名インフルエンサーを起用して使い勝手を実感してもらい、リアルな感想を言ってもらう」という企画があったとします。このとき企業側はどのようなインフルエンサーを起用するのがより多くのファンをつけることができるでしょうか?

例えばものすごく有名な女優さんを起用した場合、その女優さんのファン層の8割が男性だとしたら、視聴回数は大幅に増えたとしても、自社製品のファンになってもらえるという可能性は低いですよね?

それよりも、知名度はその女優さんよりは劣るかもしれないけれど、メイクの解説動画で定評があり、フォロワーの8割が女性というインフルエンサーを起用した方が圧倒的にファンがつきやすいです。

自社商品やサービスを広めたい世代や層はどこなのか、ターゲットは明確にしておきましょう。

終わりに

個人がメディアを持てる時代になり様々な情報が溢れかえっている今の時代、より多くの消費者に興味を持ってもらう為には「視聴者に寄り添ったやり方で、共感を得ること」が大事だということが明らかになってきました。

Youtubeのチャンネルだけでなく、SNSなどの長所も活かして、視聴者とより密に接することのできる環境を作ることがファン獲得の近道なのかもしれません。

​ライター:スポットライト編集員

Spotlightではドレンドを踏まえたSNS情報やインフルエンサー業界について発信しております。

プロモーションや記事の参考になれるような質の高い情報をお送りして行きます!​

​【お問い合わせ先】

​運営企業情報

株式会社iMarke

​会社名:

​代表:

​事業内容:

​藤井一起

​インフルエンサーPR

メディア運営、プロデュース

​URL: